赤帽の引越し 口コミ

MENU

赤帽・長距離引越し体験談

 

県をまたいだ転居でした。

 

スタッフがお一人ということで、冷蔵庫や洗濯機を中心とした全ての搬送に不安を抱きましたが、安心出来た点がいくつかありました。

 

まず、台車を複数使っての搬送。

 

エレベーターのないマンションでしたが、短い通路でもすべて台車を使って移動していただいたため、地面に擦れること無く安全に運んでいただけました。

 

次に、見積もり以上に荷物が増えてしまっても、予め想定して頂いて大きめのトラックで来てもらいました。

 

荷物が増えてしまうのは私だけではないみたいで、笑って「いいよ」と言ってもらった時は不安が解消されました。

 

最後にとても丁寧で笑顔の素敵なスタッフさんでした。

 

他県への転居で不安があった私に笑顔で明るく接して頂いたため、とても安心できました。

 

引越し準備について

 

赤帽の引越しってどう?(引越し体験談)

全て1か月前から行動するべき、という考えで引っ越しをしました。

 

というのも私はとてつもなくズボラな性格で、1度引っ越しの準備が間に合わず前日に徹夜で用意するはめになったことがあるため、念には念を込めて前もって準備しなければならないと実感したからです。

 

1か月の間に来そうな服だけ出しておいて、あとは収納。

 

1週間前にはキャリーケースに1週間分の服を詰めてあとは収納!

 

お皿もすべて紙製にしてどんどん収納!

 

身の回りの物も掃除用具とシャンプーボディソープなどの日用品以外は詰めてしまって、さっぱりした環境で1か月過ごします。

 

そうすると残すところもうわずかな準備しかなくなるので、安心した1か月を過ごすことが出来ます。

 

引越し費用を抑えたい方にはオススメですよ!

 

引っ越し資金が一万円前後と限られていたため、赤帽にきめました。

 

確か一万2000円でした。

 

単身者向けで、安い分、細かな荷物は自ら手伝った記憶がありますが、それを入れても十分満足です。

 

大手引っ越し業者に比べると荷物の扱いは少し雑に感じましたが、特に高価な荷物はなかったので、あまり問題ではありませんでした。

 

荷物の扱いの慣れた人や車所有者、力持ちな友達に引っ越し蕎麦をご馳走するかわりに手伝ってもらったという感覚に近いです。

 

値段の安い分、内容に関しては十分な感じです。

 

とは言うものの、楽器やトランク、ソファーなどを含め、単身にしてはが多かったため、少し悪い気がして、業者の方にお菓子とコーヒーを差し入れました。

 

引っ越しとなると、敷金、礼金、手数料など、
色々と出費がかさむので、節約できる場所は引っ越し業者選びだとおもいます。

 

友人に頼むとなると、引っ越し完了後にご飯をご馳走したりが、かえって予算をオーバーしたり、引っ越しあとは一人でもくもくと荷物を開けたりしたい方や、単身者の方なら各引っ越し業者の単身者向けパックを利用した方が楽かなとおもいます。

 

あとは断捨離をして、自分の荷物を最低限にしておくのは鉄則だとおもいます。

 

業者によっては予想外の荷物の量があると、当日に
割り増しの代金を請求されることがあるみたいです。

 

引っ越しは、心機一転の良い機会ですので、
古く使わない荷物を思い切って手放す機会だと感じます。

 

古い気を捨てて新しい気を取り込む機会だと思い、是非荷物を減らして引っ越しをするとよいです。

 

関連ページ

赤帽の引越し、依頼する前に…
赤帽は安くて使いやすいと利点が多いですが、依頼の仕方に注意点があります。ここでは赤帽を効率よく使って引越しする方法をまとめております。これから見積り依頼をする方は必見です。